山林事業

鹿児島県さつま町泊野からの紫尾山

弊社では鹿児島県さつま町、秋田県五城目町の山林を活用した事業を推進しています。

◆鹿児島県さつま町

 
さつま町は,鹿児島県の北西部,鹿児島市から約40kmのところに位置し,周囲を山々に囲まれた盆地で,面積は303.43k㎡,鹿児島県の3.3%を占めています。
 社会基盤では,主要都市へ通じる国道267号,328号,504号など,産業の展開や地域発展のための動脈を担う広域交通基盤が市街地を中心として放射状に整備されており,この地域拠点の特性を活かしながら,さつま町の将来が限りなく発展していくよう地域の活性化をさらに推進していくこととしています。

鹿児島県さつま町

◆秋田県五城目町

五城目町は、秋田市の北方30km、能代市の南方30km、干拓による大潟村の東方に位置し、県都秋田市まで約40分の距離にある。

 急峻な山岳地帯から肥沃な水田地帯まで変化に富んだ農業と林業の農山村であるとともに、中心部には約500年の伝統を誇る露天朝市が栄え、製材、家具、建具、打刃物、醸造業と商店街が発達し、湖東部における商工業都市を形成している。

秋田県五城目町

 

五城目町関連動画
「あきたふるさと手作りCM大賞2011」
朝市の元気と復興への願いを東北へ発信!